ハウスメーカーで家を建てる時の相場

お金

ハウスメーカーに依頼して新築のマイホームを建てる際に多くの方が一番気になるのは、実際に負担する建築費用と面積です。住宅金融支援機構が公表したデータによると、日本全国の平均建築費は約3,454万円で、土地の面積の平均は約125.8平米です。ただし地域ごとにバラツキがあり、首都圏であれば平均建築費は約3,772万円ですし、近畿圏は約3,555万円で東海圏は約3,522万円です。首都圏・近畿圏・東海圏以外のその他の地域の建築費用の平均は、約3,276万円という結果でした。注文住宅の建築費は面積やグレードごとに大きな幅がありますが、一般的なサイズの戸建て住宅(注文住宅)であれば建築費だけで3,500万円の費用がかかります。

注文住宅は一般的に土地とセットで購入するので、マイホームを持つために実際に負担するのは土地代と建物の建築費用の合計額となります。公益財団法人生命保険文化センターが公表したデータによると、フラット35利用者の住宅購入価格(土地付きの注文住宅の価格)の全国平均は4,112.6万円です。ただしこれも地域ごとに違いがあり、4,774.7万円(首都圏)・4,227.3万円(近畿圏)・4,106.5万円(東海圏)・3,762.1万円(その他の地域)でした。首都圏は地価の高い東京都内が平均値を押し上げていますが、日本の多くの地域で土地付き注文住宅を購入するための平均的な相場は4千万円前後といえるでしょう。

ハウスメーカーで家を建てる際に必要な費用の相場は4千万円で、ほとんどの人は住宅ローンを組んで予算を工面しています。住宅ローンを利用する場合は頭金を用意しなければならないので、ある程度まとまった金額の預金が必要になります。住宅ローンの頭金の金額についてのアンケート調査も存在しているので、これからローンの申し込みをする方は参考にすると良いでしょう。2018年度フラット35利用者調査のデータによると、土地付注文住宅購入者の頭金の平均値(日本全国)は447万円でした。

平均データから考察すると、首都圏を除く地域で平均的な注文住宅を購入するために必要な費用は4千万円前後で、住宅ローンを組む際に支払われる頭金は約450万円ということがわかります。このことから、住宅ローンを組んで新築マイホームを持つためには、土地を含めた住宅の購入費用総額のうち1割かそれ以上の頭金を用意する必要があるといえるでしょう。

関連記事
疑問
ハウスメーカーと工務店の違いとは
noimg
ハウスメーカーを決める前にブログをチェックしよう
カレンダー
ハウスメーカーで家を建てたら納期はいつくらい?